So-net無料ブログ作成

東京の妖怪展 [お散歩道]

東京の妖怪展


特別展 『大妖怪展 ―鬼と妖怪そしてゲゲゲ―』

中世から近世までの日本の妖怪変化の歴史を、能面・絵巻・浮世絵・版本などの優品でたどり、現代の妖怪を代表する水木しげる氏の「ゲゲゲの鬼太郎」へとつながる妖怪の系譜を見渡します。能面では鬼神や男女の怨霊の面。絵巻に見られる鬼や天狗。動物が擬人化された妖怪や、楽器や調度品が擬人化された妖怪など、百鬼夜行の世界。イメージ豊かな妖怪の世界にご案内します。

まだまだ妖怪ブーム。中世から近世までの日本の妖怪変化の歴史を、能面・絵巻・浮世絵・版本などの優品でたどり、現代の妖怪を代表する水木しげる氏の「ゲゲゲの鬼太郎」へとつながる妖怪の系譜を見渡します。能面では鬼神や男女の怨霊の面、絵巻に見られる鬼や天狗。動物や器物などが擬人化された妖怪など、百鬼夜行の世界。イメージ豊かな妖怪の世界にご案内します。

※能面、器物、水木しげるの作品は、通期で展示されます

展覧会の趣旨

妖怪ブームと言われて久しいのですが、NHK朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」が放映されてからさらに勢いが増したように感じられます。今回の展覧会は、NHKおよびNHKプロモーションとの共催による当館のみの特別展で、中世から近代までの日本の妖怪変化の歴史を、能面・絵巻・浮世絵・版本などの優品でたどり、現代の妖怪を代表する水木しげる氏の妖怪画へとつながる妖怪の系譜を見渡すことを目的としています。

特にこの展覧会では、中世の鬼や天狗、怨霊や幽霊などの造形を、能面と絵巻でうかがい、また、動物や器物の擬人化と妖怪化を絵巻などにうかがいます。器物については楽器や雛道具を参考として展示し、古びたもののもつ妖気を感じてもらい、百鬼夜行の絵巻の世界に誘います。近世の妖怪・ばけもの・幽霊などは、浮世絵・版本・絵巻などでたどり、近世近代の妖怪研究の代表者をパネル展示で簡単に紹介し、最後に現代の妖怪画を水木しげる氏の原画により紹介します。

極楽や地獄は信じる人には実在の世界となりますが、鬼や妖怪の世界も同じです。信・不信いずれにしても、人間の想像力により様々なイメージで造形化され我々の眼前に存在します。そのなかでも鬼や妖怪は怖く暗い領域のものではありますが、人間の「怖いもの見たさ」という好奇心もその想像力の一翼を担ってきました。特に暑い夏にはその好奇心が湧いてきます。夏に開催する展覧会「美術の遊びとこころ」シリーズの一つとして、日本美術に占める鬼や妖怪の世界を老若男女に堪能してもらいます。

詳細はこちら

http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html 

 

 


メッセージを送る