So-net無料ブログ作成
検索選択
お散歩道 ブログトップ
前の30件 | -

月島 - トリトンスクエアー豊洲 [お散歩道]

月島から、トリトンスクエア 豊洲まで

地下鉄で月島駅を降りると、駅前に有名なお店があるようで、その宣伝が。
なんだが、バス停の案内のノリのような月島駅のアナウンス

もんじゃどおりは、もんじゃのお店ばかり

そこの抜けると、橋わたり、次の島へ

月島は、いくつかの島はつながっている。
もっとも有名な橋は、勝鬨橋。

トリトンスクエアは、大規模商業施設とマンション

そこを横にみながら、豊洲に向かう。目指すは、ララポート

途中の橋になぜか、古びた鉄橋が残されていた。
大規模セメント工場に続いているが、今は、鉄橋と線路が、川に上に残っているだけ。



ギャザリアの間を満月が昇る [お散歩道]

ギャザリアの2つのビルの間に、ぽっかり満月が昇ってきた。
幻想的な満月にビックリ。
IMG_4045x.jpg


手持ちのデジカメでパチリ。
家に戻ってパソコンで、見てもやはり、あの月の幻想的な感じが再現できない。

天体カメラがほしいと思うほどの幻想的であった。
こんなカメラで月の撮影をしようというのが、無理なのだろう。

人間の目のほうがすごいということだろう。

小田原サンド [お散歩道]

小田原駅前で、小田原サンドをたべた。

おいしかった。
食べ終わった後、妻がアジフライが入っていたという。
私は、小田原サンドを食べたが、アジフライを食べた記憶がない。
いったい、私は何を食べたのか。
小田原サンドを確かに食べたのだが。

富士山
fuji.JPG

巨大シーラカンス [お散歩道]

巨大シーラカンスのオブジェ

となりの自転車と比べてもかなり巨大。
西深川橋のたもと



shira.JPG

芭蕉の旅姿 [お散歩道]

芭蕉の旅姿 (清澄庭園近く)

basho.JPG

平賀源内のエレキテル [お散歩道]

平賀源内のエレキテル 発祥の地

江東区佐賀


hiraga.JPG

植木 [お散歩道]

家の前、歩道に、植木がいっぱい。
長年の手入れで、植木鉢から溢れんばかりに育っている。
トロ箱を植木鉢替りにしているうちも多い。

そこで、我が家も少し植木を植えてみたが、まだ、植木パワーが全然ない。
この夏が過ぎれば、少しいろんな草や樹(?)が大きくなるかもしれないが、
当分、近所の植木パワーに追いつけそうもない。

みんな熱心に植木を育てている。すごい。

ジャンボスイカ 45Kg [お散歩道]

京橋 千疋屋で、みかけた ジャンボスイカ 45kg 30,000円なり。

とても、買って持って帰れないと思うのだが。
jumbo.JPG

ペルシャ絨毯の作り方 [お散歩道]

今日は高島屋に行った。
8階催会場を見ていると、半分作りかけの絨毯が。
するとイケ面兄ちゃん(ペルシャの人?)が、手カギのような小さな金具で、色糸を使い分けて
一本一本模様になるように括りつけていくではありませんか?

途方もない仕事ですね。テレビでは見たように思いますが、現実にみると、ビックリ。
出来上がるには、長い時間が必要な訳ですね。

とてもきれいですが、お値段もなかなかのものでした。

輸入してくる産地によって、いろいろな値段がありました。



半期に一度のタカシマヤ インテリアフェスティバル 期間:8月5日(水)~17日(月) 場所:8階 催会場 ※最終日は午後6時閉場 高品質の家具・敷物が揃った総力結集のビッグセール。

具体的なペルシャ絨毯の作り方のホームページ



秋桜 [お散歩道]

富岡八幡の八幡橋方向に秋桜がさいていました。
実は、秋にすでに発見していたのですが、今日みたら、咲いていたので掲載します。
aki.JPG

兜のケーキ、鯉のケーキ [お散歩道]

牡丹町3丁目のケーキ屋さんで、兜のケーキ、鯉のケーキを発見
ケーキ屋さんの力作ですね。
ケーキ屋さんの許可を得て、掲載。


ご希望の方は、牡丹町3丁目のケーキ屋さんでお買い求めを。


kabuto.JPG

Vitzの奇跡 [お散歩道]

2010年3月10日 東京に雪が降った翌朝
多摩地域のとある駐車場に止めてあった車にこんな風景が。
車種をしらべると Vitzだった。
他の車には、このような風景は見当たらなかったので、おそらく、Vitz のフロントガラス
微妙な形が、このような風景を生み出す要因になったに違いない。

では、多摩地域のVitz にこのような風景が見られたのかわからないが、
気温など、その駐車場の微妙な要素が、偶然生み出したものなのだろう。

VITZ.JPG

日本橋 高島屋 [お散歩道]

日本橋 高島屋

地下食料品売り場で面白いものを発見
実にいろんなものを売っているもんだ。

マイクロトマト
tomato.JPG

かなり高齢のご婦人たちも人で買い物していますね。


アンリ・シャルパンティエ・サロン・ド・テ 日本橋高島屋店  [お散歩道]

アンリ・シャルパンティエ・サロン・ド・テ 日本橋高島屋

ア!、 アトム型帽子

だからと言って写真を撮るわけにもいかにので、


アンリ・シャルパンティエ・サロン・ド・テ 日本橋高島屋店の写真  は、こちらの写真を参考にしてください。

ベンチに潜むナマズ [お散歩道]

とある、立川断層近くの某国立大学の庭にあったベンチの写真

なにやら、ベンチに潜むナマズを発見

(同意していただけるともおもえませんが。) 

namazu.JPG 


胡蝶蘭咲く [お散歩道]

 昨年の夏、近所のお店の開店祝いの胡蝶蘭を、たくさんいただいたということで、

私の家にひと鉢、お裾分け。

水やりに注意して、大切に育てたら、お花がが、ちゃんと咲きました。

 

胡蝶蘭.jpg


微妙 [お散歩道]

木場公園の近くを散歩していると、なんとも、微妙の傾き加減の彫刻が。

微妙さが絶妙という感じかな? 

微妙.jpg


白一点 [お散歩道]

赤いチューリップの中に白一点

ダイバーシティ前の公園で。白一点.jpg


日本未来館(7月より)サンダーバード博~世紀の特撮が描くボクらの未来~ [お散歩道]

http://www.miraikan.jst.go.jp/info/130208117630.html 

企画展「サンダーバード博~世紀の特撮が描くボクらの未来~」2013年7月10日(水)~9月23日(月)開催

20130208_01_01.gif
20130208_01_02.jpg

「サンダーバード」は、1965年にイギリスで誕生した不朽の特撮作品で、もうすぐ50周年を迎えようとしている今も、世代や国を超えて人々を魅了 し続けています。2065年の未来を舞台に、世界各地で発生した事故や災害で絶体絶命の危機に瀕した人々を、国際救助隊が最先端の科学技術によって開発さ れたスーパーメカを駆使して救助する活躍を描いています。
「サンダーバード」では、人々の夢や希望を具現化し、利便性・快適性を追求したハイテクノロジーが描かれています。
本展では、「サンダーバード」で描かれているテクノロジーを、現在の先端科学技術とともに紹介します。世界初となる「サンダーバード」の3D映像や、スー パーメカの模型展示、「サンダーバード」に描かれている未来と比較する形で、日本の先端科学技術や現代の研究・開発の成果をご覧いただけます。
約50年前に「サンダーバード」で描かれていた夢の未来を通して、日本が誇る先端科学技術への理解を深めながら、世代を超えて、持続可能な未来の可能性を思い描くことができる企画展です。

サンダーバード博 公式サイト

開催期間: 2013年7月10日(水)~9月23日(月)
開催場所: 日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンa・b
開催時間: 午前10時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
休館日: 火曜日(ただし、祝日と春・夏休み期間中は開館)
入場料: 共通料金(当日)大人 1,300円、18歳以下 700円
※常設展示入場可
(前売り券 大人 1,100円、18歳以下 500円 2013年5月発売予定)
主催: 日本科学未来館、フジテレビジョン、サンダーバード博 実行委員会


赤いクラゲ [お散歩道]

隅田川の川辺を散歩していると、赤いクラゲを発見

 

DSC00678 のコピー.jpg 


 [お散歩道]

 

雲.jpg 


白いくらげ [お散歩道]

白いくらげ

 

くらげ.jpg 


銀座4丁目の猫 [お散歩道]

neko.png銀座4丁目の猫

 

 

 


東京の妖怪展 [お散歩道]

東京の妖怪展


特別展 『大妖怪展 ―鬼と妖怪そしてゲゲゲ―』

中世から近世までの日本の妖怪変化の歴史を、能面・絵巻・浮世絵・版本などの優品でたどり、現代の妖怪を代表する水木しげる氏の「ゲゲゲの鬼太郎」へとつながる妖怪の系譜を見渡します。能面では鬼神や男女の怨霊の面。絵巻に見られる鬼や天狗。動物が擬人化された妖怪や、楽器や調度品が擬人化された妖怪など、百鬼夜行の世界。イメージ豊かな妖怪の世界にご案内します。

まだまだ妖怪ブーム。中世から近世までの日本の妖怪変化の歴史を、能面・絵巻・浮世絵・版本などの優品でたどり、現代の妖怪を代表する水木しげる氏の「ゲゲゲの鬼太郎」へとつながる妖怪の系譜を見渡します。能面では鬼神や男女の怨霊の面、絵巻に見られる鬼や天狗。動物や器物などが擬人化された妖怪など、百鬼夜行の世界。イメージ豊かな妖怪の世界にご案内します。

※能面、器物、水木しげるの作品は、通期で展示されます

展覧会の趣旨

妖怪ブームと言われて久しいのですが、NHK朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」が放映されてからさらに勢いが増したように感じられます。今回の展覧会は、NHKおよびNHKプロモーションとの共催による当館のみの特別展で、中世から近代までの日本の妖怪変化の歴史を、能面・絵巻・浮世絵・版本などの優品でたどり、現代の妖怪を代表する水木しげる氏の妖怪画へとつながる妖怪の系譜を見渡すことを目的としています。

特にこの展覧会では、中世の鬼や天狗、怨霊や幽霊などの造形を、能面と絵巻でうかがい、また、動物や器物の擬人化と妖怪化を絵巻などにうかがいます。器物については楽器や雛道具を参考として展示し、古びたもののもつ妖気を感じてもらい、百鬼夜行の絵巻の世界に誘います。近世の妖怪・ばけもの・幽霊などは、浮世絵・版本・絵巻などでたどり、近世近代の妖怪研究の代表者をパネル展示で簡単に紹介し、最後に現代の妖怪画を水木しげる氏の原画により紹介します。

極楽や地獄は信じる人には実在の世界となりますが、鬼や妖怪の世界も同じです。信・不信いずれにしても、人間の想像力により様々なイメージで造形化され我々の眼前に存在します。そのなかでも鬼や妖怪は怖く暗い領域のものではありますが、人間の「怖いもの見たさ」という好奇心もその想像力の一翼を担ってきました。特に暑い夏にはその好奇心が湧いてきます。夏に開催する展覧会「美術の遊びとこころ」シリーズの一つとして、日本美術に占める鬼や妖怪の世界を老若男女に堪能してもらいます。

詳細はこちら

http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html 

 

 


百種の茶(佐野みそ店) [お散歩道]

百種の茶(18袋入)[健康・美容に]
大きい画像を見る

百種の茶(18袋入)[健康美容に]

商品コード:hg-1

 

名前のとおり「百種の茶」は、100種類の健康素材ブレンド。おいしくて、くせのない健康茶です。美容・健康に毎日お試し下さい。
ティーバックになっており飲み方もいたって簡単。水出しでも、お湯だしでも大丈夫。お好みにもよりますが、1~2Lに1袋お使い下さい。

通常価格:630円(税込)

 

商品説明

・内容量ー5g×18袋
・原材料ー以下参照

【「百種の茶」の原材料名】


はと麦紅茶ウーロン茶玄米茶ほうじ茶緑茶はぶ茶プアール朝鮮人参よもぎひえモロヘイヤしそ葉あわはこべカラメル椎茸ざくろ昆布山芋
大麦大豆唐辛子どくだみアシタバ葉カリンてん茶ウコンサンショウにんにく杜仲葉コーヒー黒ゴマゆずびわ葉しょうがやまぶどう茎そばの実月見草ごぼう茎
柿葉べにばなはっか菊花ナンテン葉マテ茶はす葉たんぽぽつゆくさめぐすりの木レモンピール三七人参スギナコーンひしの実イチョウ葉オオバコハスの実浜茶トウキシ
ゆきのした甘草バンザクロの実アガリックスクマ笹スイカズラキダチアロエクワ葉ニンドウマタタビの実クコ葉センナ茎マタタビの枝ヨクイニンオトギリ草キキョウ陳皮花粉クチナシバナバ
キアヌナルコユリラカンカエンメイ草マツバ山査子桂皮ボレイギムネマカキドウシゴカヒアマチャヅルウラジロガシラフマルイボスエゾウコギ霊芝ガルシニアグァバ葉黒豆

猛暑の夏に怒れるセミ [お散歩道]

豊洲の歩道の脇の樹に、

猛暑の夏に怒れるセミ をみつけました。

 

 セミ.png


哲学堂(中野)の哲学の庭 [お散歩道]

中野にある哲学堂に行ってみた。

哲学の庭のボールの写真 (周囲に彫刻がある。)

 哲学の広場.png

 

 

 

 

 


(FUJIKURA千年の森) ゴイサギ(?)が、いたけど [お散歩道]

フジクラ千年の森に、ちょっと、大きな鳥が茂みの中に隠れていた。

ゴイサギでしょうか、こんな鳥がいました。 

ゴイサギかな(?)ゴイサギ.png 


前の30件 | - お散歩道 ブログトップ
メッセージを送る